福岡のクリニックでレビトラの処方を受けて

EDが気になり始めた

EDが気になり始めた実際にレビトラを服用して精神的な要因もEDに関係する

EDが気になり始めたのは30代後半くらいからです。
ちょうど代謝が低下して肥満体型になり、お腹もぽっこりしている時期です。
代謝低下が目に見えてわかりましたが、同時に勃起力も急激に減退していったのです。
性的興奮は昔と同様に強くありましたが、興奮を覚えてもペニスの反応が遅くなる感じです。
また勃起しても持続力がなく、途中で中折れすることが少なくありませんでした。
このままではいけないと感じて、地元福岡のクリニックでED治療薬の処方を受けることにしたわけです。
検査は簡易的なもので、簡単な問診をするだけで終了しました。
ED治療薬は3種類用意されていましたが、薬は医師が選んでくれます。
医師の処方薬であるため、自分の好きな薬を選ぶことはできないようです。
処方されたED治療薬はレビトラで、3薬の中で最も即効性があるとのことでした。
食後に飲んでも効きますが、なるべく空腹時に服用するのがいいと言っていました。
薬剤がすぐに溶けるので、血中濃度が素早く上がるとのことです。